喜びは心に通じる

東洋医学の五行に分類される「心」とは

心臓の機能のほか、舌、喜びを表します。

 

 

心というよりハートといった方が

イメージがわきます。

 

 

心の働きが足りないと

無感動になったり、喜ぶことができず悲しくなったりします。

これが長引くと

うつとか精神病といわれるようになります。

 

 

逆に心が過剰だと

喜びも過剰になります。

よくないことも喜んだり、不快になるほど笑ったりします。

いわゆる燥状態です。

 

 

このように心の状態に過不足があると

精神症状に影響があるのです。

 

 

他にも心は血を巡らせる働きもあるので心臓の機能、

舌ですから舌の動きにも影響します。

 

 

舌は心の苗といわれるように

心の状態が悪い時は舌の色動きに影響がでます。

たとえば、舌先がより赤かったり、舌炎、舌先の震え、呂律がまわらない

言葉を発しない、吃音なども心の変動です。

 

 

 

関連ページ 心の病について

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + 20 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL