サプリメントは肝機能に影響があるの?

→ナイアシンで一時的にGOP,GPTが上昇する場合があるが、問題ない。
 
サプリメントのうちナイアシンで肝機能の指標であるGOT、GPTが上昇することがあります。
これは肝臓の臓器障害ではありません。
一時的に酵素活性が亢進するためのもので
問題はありません。
 
実際にナイアシンの服用を始めると一過性に肝機能の数値が上昇する場合があります。
これは継続すると数か月で正常域へ戻ります。
Solaray, ナイアシンアミド、500mg、100ベジキャップ
ほかにビタミンB群でも同様なことが起こることがあります。
これも問題ありません。
 
これらのほとんどは、継続により肝機能の数値は正常域に回復します。
このように、ビタミン剤による肝機能の指標(GOP,GPT)の上昇は
薬剤性のものとは全く異なるので、心配することはないのです。
 
 
しかし、上記事実を知らない医者がこの数値を見ると、大騒ぎになり、
サプリメントを中止しろと言い出します。
 
 
 
病理性がないのですから、
そのような意見は無視すれば良いと思いますし、
栄養学の知識のない医師のところでは検査しない方が良いでしょう。
 
栄養学を詳しく学んでいる医師はほとんどいないのですから。
 
 
たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fourteen − seven =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL