風邪には鍼灸治療とビタミンC

鍼灸治療を併用すると風邪の治りが早まります

早め、快適に風邪を治したいのであれば、鍼灸治療を試してみましょう。

発熱(微熱)、しつこい倦怠感、咳痰、食欲低下などにも鍼灸治療は対応します。

22_sinkyu_4

風邪の際、大椎穴およびその周囲は大事な治療ポイントです。

 

風邪をひいた時はビタミンCを大量にとる

 風邪をひいた時には、組織はビタミン身体のCを大量に吸収します。

そのビタミンCを供給することで風邪の重症度、罹患期間は減少します。ビタミンCは一番安価な風邪の治療薬です。

 

Solalay ビタミンC 1000mg 100錠

・服用の仕方

 一時間ごとにビタミンC1~2g服用する。

私の場合は10~20g/日になるでしょうか。

(緩い便になったら上限が近づいてきたというサインです。

服用量を半分に減らしてください。)

 

・食事の取り方

温かいスープなどを食べ、適度な水分と塩分をとりましょう。

個人的には、「もつ鍋」がおすすめです。

 

*食欲がなければ、無理にたくさん食べる必要はありません。

発熱時は頭を洗わないで

微熱(37度台)のときは頭と背中は石鹸、シャンプーをつかわないこと。

ぶり返す可能性が高くなります。

湯船で十分に温まり、湯冷めしないうちに寝床へ入りましょう。

38度以上のときは入浴は控えましょう。

 

解熱剤や痛み止めの服用は風邪が長引いてしまう原因になります。

眼を休ませ、十分な睡眠をとりましょう。

 

以上

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

19 + seventeen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL