ソフト美容鍼:刺さない鍼でも効くの?

→ソフト美容鍼(刺さない鍼)でも美容効果は十分にあります。

一般的な美容鍼はたくさん置鍼します

美容鍼というと顔中に針を刺す治療を想像すると思います。

Men‘S Preciousホームページより

 

刺す鍼は痛い

このようにたくさん刺針するとインパクトがありますから

美容を謳う治療院ではルーチンでやるようです。

やられた感はありますしね。

 

i000340_頬が痛い女性のイラスト

「でも痛そう・・・」

 

実際のところ、

顔面は敏感な部分ですから、

鍼を刺すと普通に痛いです。

ごくたまに、内出血することもあります。

 

しかもこんなにたくさん。

「私だったら、やりませんが・・・」

 

世の女性達は

美の追求のため

涙ぐましい努力をしています。

 

当院の顏への鍼(ソフト美容鍼)

当院ではいわゆる「美容鍼」を施術メニューに載せていません。

 

しかし、顔への刺針は標準的に取り入れています。

(ここでは詳しくは述べませんが、

全身への効果を期待しての取り組みです。)

 

上記の部分は標準的に刺針します。

 

美容のためにもなる鍼

当院の顔への刺針は

①鍉鍼(ていしん)、②鑱鍼(ざんしん)、③円鍼(えんしん)、④毫鍼を使いますが

一般的な美容鍼のように鍼を刺しっぱなしにはしません。

 

 

左①鍉鍼(ていしん)、右②鑱鍼(ざんしん)

 

③円鍼(えんしん)

顔への施術には小さい円鍼を用います。

 

左④毫鍼、右ボールペン

一般的に鍼というと毫鍼(ごうしん)を指します。

 

置鍼しない一番の理由は「気を操るため」

指でもったまま鍼をあてることで

その部分の気を補ったり

余計な気を抜いたりします。

 

気とは人体から発する微弱な電流(電気)です。

指を離れて放置してしまっては

気を自在に操ることは難しいのです。

 

そんな理由で

基本的に当院の鍼治療は鍼から手を放しません。

 

当院のはりきゅう治療は刺激(痛み)がほとんどない

やられた感やインパクトに欠けるかもしれません。

 

それでも、接触鍼でも効果は十分に体感できます。

治療効果も刺入鍼(しにゅうしん)と同等またはそれ以上です。

 

美容鍼の効果はさまざま

具体的に言えば

その場で

眼が大きくなる

小顔になる

お肌の状態がよくなる(つややかになる)

化粧のノリが良くなる

ほうれい線が薄くなる

浮腫みが取れる

など

 

肌年齢は-5歳なんて普通?

長期的に鍼灸治療を続けている人とそうでない人は

見た目が変わってきます。

-5歳なんてほんと普通です。

大げさでなく鍼灸を受けている人のほうが若い肌を保てます。

 

 

普通の美容鍼は怖いと思っている方に「ソフト美容鍼」をおすすめします

美容鍼に興味があるけど

痛いのはちょっと・・・

と思っている方には

当院の「ソフト美容鍼」を受けてみるといいと思います。

 

 

メニューに美容鍼はありませんが

美容目的での治療も歓迎いたします。

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

12 − 9 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL