うつ症状と「肺」の関係

東洋医学の肺は

呼吸、水分循環、皮膚、体毛、鼻、気管支、のどを支配し、

感情では憂い、悲しみに関連します。

 

 

 

今回も感情のところだけ

みていきます。

 

 

肺経の脈が(実)充実しすぎると

悲しみ、憂い、原因がなくてもただただ泣けて涙がとまりません。

「うつ症状」によくみられます。

 

 

逆に肺経の脈が虚(力がない)すると

心も身体もじっと動かせず

ただ悲嘆にくれたりします。

具体的には

「なにもしたくない、人に会いたくない」

なんて言う状態です。

 

 

涙を流すとき

鼻水もでやすいですよね。

悲しみは肺に現れるのです。

 

 

実際は肺経(悲しみ)と心経(喜び)のバランスを考えて治療します。

心経を補って希望を与え、悲しみを落ち着かせると泣く症状は減ってきます。

 

 

 

関連ページ 感情が病気のもとになる

 

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 − three =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL