最近読んだ本 ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい

自閉症と診断された子を持つ母親の自伝です。

主人公のジェイコブ少年は小学生にして微分積分をマスター、

9歳で宇宙物理学について

独自理論を考えてしまうなどいわゆる超天才少年。

今ではノーベル賞までも期待されているという。

 

 

こんな経歴をもつ少年だが

2歳の時に自閉症と診断され

将来はしゃべることもなく

一人で靴ひもさえ結べるようにならないとまでも

言われていたそうです。

 

 

 

すごいなあと思ったのが母親のクリスティーン

多くの自閉症専門家のアドバイスを完全無視して

自ら息子の教育に乗り出す。

 

 

そして、息子の興味を見つけ出し

とことん伸ばすという教育を続けた。

そうして、ジェイコブ少年の場合は

数字から始まり数学、物理、天文学、宇宙へと広がった。

 

 

 

自閉症に限らず

子供の持つ可能性の膨大さを考えさせられました。

子供の可能性を見極め、最大限に伸ばしてやることが

親の責任なのではないだろうか。

 

またこの本は

「専門家の意見が100%正しいとは限らないことを示した一例」

でもあります。

 

 

子を育てる親にぜひおすすめしたい一冊です。

 

 

たまはりきゅう院 田巻和洋

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL