治療道具の紹介:ラッパ型ざんしん

この写真はラッパ型の鑱鍼(ざんしん)といわれるものです。

これは鍼の中でも唯一

先端が空洞になっている鍼です。

 

「これでもはりなの?」

と思う方もいるでしょう。

 

使い方は

筆のように持ち

太いところで皮膚表面をなでるだけです。

 

このざんしんを使うと

皮膚表面にある邪気

(過剰に存在する電気的なもの)

がとれます。

*あくまでも表面的なもので深部にある邪気はとれません。

 

頭皮につかうと頭部の硬いところサッととれるので

重宝する道具の一つです。

 

関連ページ:頭皮の動きからストレスを診断する

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL