日本製サプリメントをおすすめしない理由

〇鉄剤をはじめサプリメントは海外製をおすすめしています。

 

なぜと思われる方もいらっしゃると思いますので

鉄剤を例にして説明します。

 

当院では米国製の鉄剤(フェロケル)をすすめています。

 

 

 日本製海外製
成分ヘム鉄フェロケル
吸収率
成分量少ない多い
コスト×
品質

 

 

日本で一般的なヘム鉄と比べると

・胃腸症状が少ない。

・吸収率が高い

・コストが低い

などのメリットが多いのです。

 

 

 

 

また日本製のサプリメントは規制上の理由で一錠(カプセル)当たりの成分量が少ないのです。

結果としてコストは海外製と比べると高くなります。

 

以上から、サプリメントに関しては日本製をすすめていません。

 

 

院内でもフェロケルを販売しております。

 

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL