咽喉を傷めないようにする方法

いよいよ師走ですね。

 

残すところもあとひと月。

朝晩冷え込むようになり湿度も低下しています。

そのため、ここ数週間は咳喘息や咽喉痛を訴える患者さんが増えています。

 

 

東洋医学では咽喉を傷める風邪はたちが悪いといわれています。

処置が悪いと長引く傾向にあるんです。

咽喉風邪は注意ですよ

 

 

ここでは 簡単に咽喉を傷めにくくする方法を伝授しましょう。

それはうがいです。

 

「白ごま油 太白」の画像検索結果

ただし油を使います。(白いごま油が最適)

10cc程度のお水に油をごく少量(小さじ1程度)たらし毎朝うがいします。

 

 

こうすることで咽喉粘膜が油で保護され乾燥しにくくないます。

結果傷めにくくなるのです。

 

 

これはアーユルヴェーダのレシピの一つで、アナウンサーの間では有名な方法のようです。

私も2年前からこの方法をためしており

咽喉を傷めることがほとんどなくなりました。

 

おすすめですよ 😀 。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL