アトピー性皮膚炎① その皮膚症状 金属アレルギーではありませんか?

今日は症例報告ではありません。

 

 

 

アトピー性皮膚炎など重度の皮膚症状がある方で虫歯の治療をしたことある人は自分の歯を確認してみてください❗❗

 

 

 

 

 

 虫歯の処置、入れ歯、差し歯など口腔内で使われる金属は水銀、金、銀、亜鉛、銅、パラジウムなどさまざまです。

 

 

 

 

その金属は、食品などの影響を受け微量ながら溶け出し人体へ影響しています。

 

 

 

 

 たとえば、アマルガムと呼ばれる水銀を主成分とする詰め物によるアトピー性皮膚炎、

 

パラジウム合金による掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などがあります👀

 

 

 

他にも口腔内の金属が影響して重度の口内炎などの病気を引き起こしたりしています。

 

 

 

 

私も前歯の差し歯をセラミック&樹脂製に変えてから 重度の口内炎ができなくなった経験があります。

 

 

 

 

 

 鍼灸治療でも亜鉛、銅、銀、金などの金属プレートを使い治療効果をだしています。

 

 

 

このことからも、良くも悪くも金属は人体に大きく影響を与えていることは理解できますね。

 

 

 

 

 

以上のことから、

 

口腔内の金属に関しては、樹脂製(保険適応)、セラミック製(保険外)に変えることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 細かいことを言えば樹脂製のものも環境ホルモンといった問題がないとはいえません。

 

 

 

しかし、セラミック製は保険外のため高価であり、

 

金属の影響を考えた場合、樹脂製のほうが大分ましです。

 

 

 

 

もちろん、経済的に余裕がある方にはセラミック製をおすすめします。

 

 

 

 

心当たりの方は歯科医に相談してみてください。

 

 

 

 

結婚指輪やピアスだって同様です💔

 

 

 

 

 身体の調子がよくないと思われる方 一切の金属を一定期間取り去ってみてください。

 

 

調子がよくなれば あなたに合っていないということになります。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL