突発性難聴の栄養療法(その0 糖質を控えて)

糖質を取りすぎているかもしれません。

 

下腹部の硬い人、お腹が出ている人は糖質の取りすぎの可能性がありです。

糖質は炭水化物(パン、麺、米、ビールなど)、果物、菓子、ジュースなどに多く含まれます。

糖質を取りすぎていると腸(脂質)と糖が結び付き酸化します。

酸化した脂質の割合が多いと下腹部を押したときに硬さを感じます。

 

東洋医学ではこういった症状を瘀血(おけつ)といいます。

 

糖質を取りすぎていると感じている方は

炭水化物、果物、糖質の入った食品は控えめにしてください。

 

主食(米、パン、麺など): 一日3食、主食をとるのは取りすぎです。

たとえばラーメン、ライスにビールは糖質の塊です。

 

 

一回当たりの量を減らしたり、主食を取る回数を減らしてみましょう。

 

 

女性は鉄分が不足すると甘いものが欲しくなります。

チョコレートを欲しがる場合はマグネシウム不足が疑われます。

 

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

11 − nine =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL