春はめまいや頭痛が起こりやすい

もうすぐ春かな?

公園に咲く梅の花をみてそんな気がしてきました。

 

2月も20日をすぎるともっと暖かい日が増えてくるそうです。

 

 

東洋医学的には

春になると

五行のうち肝(木)の脈の変動が大きくなります。

 

 

肝は 身体の横のライン、眼、筋、怒に関連があります。

 

 

 

具体的な症状には

側頭部痛、眼精疲労、五十肩、ぎっくり腰、イライラ

めまい、卵巣などの婦人科疾患などがあげられ

 

 

これらの症状が発症したり、悪化することがあります。

 

 

 

 

このような場合

薬で治療しようした場合

 

薬では経絡の変動が変わらないため

一度症状がなくなったと思っても再発したり

症状が長引いたりすすこともあるのです。

 

 

 

このような場合は

鍼灸治療を試されることをお勧めいたします。

 

 

 

当院の鍼治療は自然治癒力をひきだす治療ですから、

根本から病気をなおし

体質を改善することができます。

 

 

 

たまはりきゅう院 院長 田巻和洋

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL