タンパク質不足で体調不良

「朝 身体が動かなくなった」とい患者さんがいらっしゃいました。

 

身体が起きられなくて会社に行けない

 

その他の症状として

だるい、食欲なし、吐き気、動悸、頭痛、肩痛、冷え

 

食事というと

朝は食べない、昼はおかし、夜は卵とチーズ、味噌汁、ごはん

栄養状態もよくないですね。

 

 

だるさや胃腸症状があるので脾経

頭痛(後頭部)、生理不順があるので腎経

動悸があるので心経

 

 

脈をみると腎経の力がなく、逆に脾経と心経が充実しすぎ 💡 

 

ということで腎経のツボをつかって治療。

脾経と心経とのバランスを整えます。

 

 

栄養については

タンパク質が圧倒的に少ないので、

肉魚をしっかりたべるように指導しました。卵は1日に3個以上。 

卵を食べてもコレステロールは増えませんよ。

 

その他 フェロケル 27mg 2錠、ビタミンB 50 2個、ビタミンC 3g、ビタミンE 400 1個 を処方

 

3回程度治療で掃除ができる程度に体力が回復したようです。

 

 

 

一番問題なのは お昼のおかし。

 

なんできちんと食べないの?と聞くと

 

「昼食をとると眠くなるから」 ということ 😯 

 

 

 

眠くなる原因は糖質や炭水化物です。

眠くなるのがいやだったら、これらの分量を減らしてみてください。

 

そしてその分 タンパク質の摂取量を増やすこと。

 

これで眠くならずに仕事ができますよ。

 

 

 

たまはりきゅう院 院長 たまきかずひろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL